国家観(グランドデザイン)


国のリーダーは、文化、教育、経済、スポーツ、芸術、科学など、あらゆるものを包括したグランドデザインを描くべきで、その後、我々国民一人ひとりが、そのグランドデザインのどの部分で自分の能力を発揮するのかということを考える。

そういった大きな流れができていないと、一人ひとりの役割の意義が見つけにくい。
役に立ってこそ、その人の仕事が生きるのではないか。

はやぶさプロジェクトに貢献したJAXA(宇宙航空研究開発機構)の的川泰宜名誉教授

カテゴリー: 政治教訓, 構想・政策 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です