選挙カーは確かにうるさい、が・・・


うるさい区議候補に迷惑を受けた人はこう考えた

 漫画家のあずまきよひこ氏(38)が東京の区議会選挙について書いたブログのエントリーが話題となっている……….≪続きを読む≫

「選挙カー」確かにうるさいですね?

私は、両方の立場を経験したことがあります。

「うるさい」側は、昔、家族としての立場で経験しました。

選挙に立候補する側は、選挙カーに疑問を確かに持っています。

名前を連呼したところで、票に結びつくのだろうか?

逆に迷惑をかけているのではないだろうか?

そんな想いを持ちながら、選挙カーを走らせています。

でも、事情として正確にご説明するなら、支援者の多くは昔から選挙を行っていて、これが当たり前になっています。

「選挙カーを走らせないと選挙でない」ぐらいの脅迫観念を持っています。

私が「選挙カー」は、逆に票が離れているのでは?と疑問を呈したところ、「お前は選挙を知らない」と一喝されました。

家族の立場であるので、支援者が離れることを考えると、父に迷惑をかけるといけないし、それ以上反論できずにいました。

私が候補者なら・・・、「選挙カー」を走らせないで勝つ方法は、とかも考えたりしました。

このニュースやコメントを見て、ますます「選挙カー」を走らせない選挙の方法はないか?考えてみました。

今の選挙制度と有権者の政治離れの状況では、「選挙カー」を走らせずに当選するには、勇気が必要です。

先に述べたように、支援者の感情を逆なでしてしまうリスクがあります。

支援者と言うのは、町の実力者が多いですから、その方たちの感情を逆なですることは多くの票が離れていく可能性は大です。

やはり選挙制度の中で「選挙カー」禁止にする必要があると思います。

そこで公開討論会をもっともっと数を多くする(自治体単位など)+マニフェスト・候補者の人となりなどの選挙広報を各家庭に配る+テレビ(これは自治体予算で枠を取る)・新聞・インターネット政見放送+ブログを有効利用する、他にも方法はあると思います。

問題は、有権者がこれらを自ら見て、きちんと判断できるかどうかです。

政治離れが言われて久しいですが、知名度や親切な人という判断ではなく、有権者が政策をきちんと見る目が必要です。

政治に興味が無い人をどうやって選挙に行かせるか?この政策も重要です。

選挙はあくまで権利であって良いのですが、それなら、選挙に行った人には何らかの優遇措置を設ける事が必要だろうと思います。税金面での優遇や行政サービスを受ける時の優遇など・・・。

言いたいことは、知名度や親切だけでなく、時には有権者ときちんと議論し、将来の地域や日本を本当に考える人を選べる制度にしなくてはと思う今日この頃です。

それは選挙がうまい人ではなく、政策で選ぶ選挙制度が必要だと思う今日この頃です。

日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか/加藤 秀治郎

¥777
Amazon.co.jp
カテゴリー: 政治雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です