「道路特定財源」の議論に想う事!


最近、「道路特定財源」の是非をめぐって、自民党と民主党を中心とし、国会や地方自治体や経済界をも巻き込んだ議論になっている。先日も、東国原知事と管民主党代表代行が激論を交わしていたようだ。

「道路特定財源」論争を、政局の種にしていることは、国民全体のメリットになっていないと感じている。

「道路特定財源」自体の良し悪しより、その他の無駄や膿が公表されることの意味が大きいと思う。

「道路特定財源」論争についての、私自身の個人的見解を述べます。

私の案:税率を今の半分で双方が歩み寄り決着する。

理由及び背景:高い給料をもらっている国会議員さんには、早くこの議論を終え、この議論よりも重要な天下国家の(教育・国防・憲法などの)議論をもっとして欲しい。その方が国民のためである。

継続しても廃止しても、どちらを取っても誰かが得をし、損をする人も出て来る。

この損得という価値観でしか議論できないから、政局論争になる。

歴史もこれを繰り返しているのであるが、それ自体は否定するつもりはないが、これを続けること自体、勝ち組・負け組が出て来る。この論理こそが日本を幸せな国にしていないと思う。

和をもって、尊しと為す」聖徳太子の建国の理想は、どこに行ってしまったのでしょうか?

お互いの違いを認め、違うからこそ良いと思えるような国、思いやりのあふれる国にしたい、そんな新日本の再建に立ち上がりたいと思う時が最近時々あります。

国のグランドデザイン(ビジョン)を語りましょう!

国家の品格 (新潮新書)/藤原 正彦

¥714
Amazon.co.jp
聖徳太子と日本人 ―天皇制とともに生まれた<聖徳太子>像 (角川文庫ソフィア)/大山 誠一

¥660
Amazon.co.jp

「プレジデントニュース」で記事をチェック!

カテゴリー: 政治雑感, 構想・政策 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です