日本人はすばらしい!


こんにちは。ここ2日寒いですね?
毎日、宇多津町を歩いております。
見かけましたら、是非ともお気軽にお声かけ下さい!

さて、生きていることに感謝すべき出来事が起こりました。
世界最大級M9.0の東日本大地震。

この度の地震により被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧をされますよう、お祈り申し上げます。

すごく大きな何かを犠牲にして、日本人のすばらしさを賞賛する記事や日本人がもともと持っている思いやりの心が出てきています。

決して喜ばしいことではないですが、物質文明に走りすぎた日本が失ったものが取り戻されようとしているようにも見えます。

神様が何かを教えてくれているようにも思えます。大きな犠牲を払って・・・

私に出来ることは何か?を本気で考える数日です。

出来ることから始めようということで、まずは小額ながら義捐金を送りました。
Yahoo基金で出来ます↓↓
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

以下、「心の豊かさ」が感じられるサイトです。

http://prayforjapan.jp/tweet.html

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110313/218966/

日本創新党メルマガより↓

「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」
「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間がない中で、信じられない対応だ。この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」
CNNをはじめ、世界の論評が日本の対応を称え、注目し、祈ってくれているようです。

【マグネット集客法】金子さんのメルマガより↓

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は 12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。
社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ。」と述べた。

社説は日本が100年以上「建物の耐震化をしてきた」と指摘。
「今回の地震で高いビルは持ちこたえたようだ」と分析した。
93年完成の横浜ランドマークタワーに触れ、「その高さは地震大国では驚異的。最先端の建築工学を駆使できる技術と富があって初めて可能」と評価。
07年導入の緊急地震速報を「世界最先 端の技術」と紹介した。

また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、日本人の精神力の強さをたたえた。

同氏は、阪神大震災時の取材で、崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。

「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。

※毎日新聞 2011年3月13日

感動する動画です。↓

そして、最後に「坂村真民(仏教詩人)」先生の詩です。

この試練を越えよう
これを越えたところに
また一つの新しい自己が
見出されよう

坂村真民一日一言―人生の詩、一念の言葉
価格:
致知出版社(2006-12)
売り上げランキング: 32636
詩集 念ずれば花ひらく
価格:
サンマーク出版(1998-10)
売り上げランキング: 9338
カテゴリー: 政治雑感 タグ: , , , , , , , パーマリンク

日本人はすばらしい! への2件のフィードバック

  1. うたづ葬祭 のコメント:

    うたづ葬祭のブログへコメントをありがとうございます。
    米澤さんのブログにお邪魔させて頂いて、さらに深く
    今回の災害について、日本の事、身の回りの日常の事を考えさせられました。
    おっしゃる通り、今こそ昔からの日本の良さを取り戻す時なのかもしれません。
    家族や人々とのつながり、思いやり、清貧という名の生活。
    それにしてもあまりにも大きな犠牲です。
    多くの亡くなられた方へご冥福をお祈りいたします。

    • yonep のコメント:

      コメントありがとうございます。
      次世代のために「すばらしい日本」「すばらしい宇多津」を共に創ってまいりましょう!
      パラダイムシフト(価値観の転換)を共に伝え続けてまいりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です