七つの社会的罪 (Seven Social Sins)


こんにちは。

Facebookで先輩から教えてもらった言葉(昔聞いたことがあったけど、忘れてました)があって、脳にインプットすると同時に、皆様とも議論を深めたく、今日は2度目の投稿となりました。

それは、インド独立の父「マハトマ・ガンジー」の「七つの社会的罪 (Seven Social Sins)」という言葉です。

マハトマ・ガンジー

1.理念なき政治 Politics without Principles
2.労働なき富 Wealth without Work
3.良心なき快楽 Pleasure without Conscience
4.人格なき学識 Knowledge without Character
5.道徳なき商業 Commerce without Morality
6.人間性なき科学 Science without Humanity
7.献身なき信仰 Worship without Sacrifice

この「七つの社会的罪 (Seven Social Sins)」はガンジーが暗殺された後に荼毘に付されて遺灰をガンジス川に流した際、ガンジーの火葬を行ったラージ・ガートにある黒大理石の慰霊碑を囲む壁の外側にも刻まれています。

七つの社会的罪

最近では2011年5月23日に京都大学原子炉実験所助教である小出裕章氏が参議院行政監視委員会にて原発に関わるさまざまなことを批判する一連の発言の最後として「『道徳なき商業』。これは多分、東京電力始めとする電力会社に私は当てはまると思います。そして『人間性なき科学』と。これは私も含めたアカデミズムの世界がこれまで原子力に丸ごと加担してきたと、いうことを私はこれで問いたいと思います」というようにして使用していました。














小出さんから最後にガンジーの言葉「七つの社会的罪」が………

7つの社会的罪
1)理念なき政治
2)労働なき富
3)良心なき快楽
4)人格なき学識
5)道徳なき商業
6)人間性なき科学
7)献身なき信仰

本当に3・11を機に日本は生まれ変わらなければならないのではないか….
人々も思考の変化が必要なのではないか…….
みなさんはどう思いますか……

今一度、これを自分の胸に当てて考えたいと思いますし、皆様とも共有出来ればと思います。

この罪は、ある意味では法律を犯すより大きな罪かも知れません。
なぜなら、法律を犯せば、社会的な制裁も受けますので、その罪は現世において罪滅ぼしされます。

しかしながら、上記の罪は、明確に見えないから法律を犯すことがありません。
だから、徐々に社会に悪影響を及ぼします。
それが咎められないため、本人も自覚なく、これを犯すことがあります。

今、日本が置かれている現状から考えると、マハトマ・ガンジーの言う「七つの社会的罪」を犯した方が多かったのかもしれませんが、終わったことを言っても何も解決されません。

今から、再度、このことを胸に刻み、前を向いて、今後のことを考え、行動してまいりましょう!

こちらも参照してみてください

カテゴリー: 政治信条, 政治教訓 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です