斡旋の才


真木和泉(まきいずみ)が“斡旋(あっせん)の才”ということを説いている。
斡旋は人(事)を愛するがゆえに、その人(事)によかれと世話をし、とりはからうことである。

これは大事なことで、斡旋の才のある人間は、ひとかどの人物といってよい。
政治家はこの才を本領とするものだが、必ず徳と相待つ必要がある
さもないと今の活動家のような、とかく利権屋に堕(だ)してしまう。

安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う』より(致知出版社刊)

安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う
価格:
安岡 正泰
致知出版社(2006-05)
売り上げランキング: 4685
カテゴリー: 政治教訓 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です